メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分市広報誌キャラ、「信長の野望」と酷似 著作権侵害疑い

 

 大分市が作成した広報誌に掲載された戦国武将のイラストが、人気ゲームソフト「信長の野望」に登場するキャラクターのデザインと酷似していた。市によると、広報誌のイラスト担当者はゲームのキャラクターデザインを無断で参考にしたと認めた。著作権侵害の疑いがあり、市は「再発防止に努めたい」としている。

 「信長の野望」は、1983年にゲーム会社「光栄マイコンシステム」(現コーエーテクモゲームス)が発売した歴史シミュレーションゲーム。シリーズ化されて現在も人気があり、世界で累計1000万本のソフトが出荷されている。

 問題の広報誌は、大分にゆかりのある戦国武将を紹介した昨年6月の「市報おおいた6月1日号」で、デザインが酷似していた武将は、豊後国(大分県)を拠点とする大友氏の家臣の「立花道雪」「高橋紹運(じょううん)」「立花宗茂」「立花誾千代(ぎんちよ)」の4人。広報誌は約21万部発行。4人のイラストは市発行の観光ガイドブック8000部でも使用されていた。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです