メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分市広報誌キャラ、「信長の野望」と酷似 著作権侵害疑い

 

 大分市が作成した広報誌に掲載された戦国武将のイラストが、人気ゲームソフト「信長の野望」に登場するキャラクターのデザインと酷似していた。市によると、広報誌のイラスト担当者はゲームのキャラクターデザインを無断で参考にしたと認めた。著作権侵害の疑いがあり、市は「再発防止に努めたい」としている。

 「信長の野望」は、1983年にゲーム会社「光栄マイコンシステム」(現コーエーテクモゲームス)が発売した歴史シミュレーションゲーム。シリーズ化されて現在も人気があり、世界で累計1000万本のソフトが出荷されている。

 問題の広報誌は、大分にゆかりのある戦国武将を紹介した昨年6月の「市報おおいた6月1日号」で、デザインが酷似していた武将は、豊後国(大分県)を拠点とする大友氏の家臣の「立花道雪」「高橋紹運(じょううん)」「立花宗茂」「立花誾千代(ぎんちよ)」の4人。広報誌は約21万部発行。4人のイラストは市発行の観光ガイドブック8000部でも使用されていた。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊島区女性不明 栃木で遺体の一部発見 29歳を死体遺棄容疑で逮捕へ

  2. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. 清原和博さんが野球教室 「自分なりに発信したい」公式チャンネル開設に意欲

  5. はやぶさ2カプセル、大気圏突入 豪上空に火球観測 JAXAチーム回収へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです