メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

アンカット・ダイヤモンド サンドラーの演技光る ユダヤ系の皮肉な寓意

 これはちょっと、拾いもの。ダメな男が自滅に向かうという、ただそれだけのお話なんですが、そこに寓意(ぐうい)が漂う不思議な映画です。

 主人公は、ニューヨークで宝石店を営むハワード。それなりに豊かな暮らしをしているようですが、責任感も倫理観もまるでない。店員のジュリアとは不倫関係、奥さんからは見離され、おまけにギャンブル中毒なのであたりじゅうから借金を重ね、返済を求めるこわいお兄さんたちに追われています。

 そのハワードが運をつかんだ。エチオピアで採掘されたオパールの原石が手に入ったんですね。大儲(おおもう)けできると大喜びしていたところ、店にやってきたバスケットボールのスーパースター、ケヴィン・ガーネット(本人です)が魅惑されて、売ってくれと頼まれます。そんなのだめだ、オークションにかけるんだと訴えますが、1日だけだという約束で、ケヴィンにオパールを預けます。

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです