メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしと健康

医師、タレント 高須克弥さん 「全身がん」を公表 自らを実験台に治療法を試す

 「今まで何回手術を受けたかは忘れました(笑い)。がんの手術だけでおそらく7回くらい受けているんじゃないでしょうか」

 直近では、2020年2月6日、『蛍光物質投与下経尿道内視鏡膀胱(ぼうこう)腫瘍切除術』という膀胱がんの手術を受けた。光感受性物質を投与することで、腫瘍の部分を発光させて、そこを目がけておこなう手術だ。手術後、自身のツイッターでは「生還。48時間紫外線厳禁暗闇祭りなう」とツイートした。その後、わずか9日で復帰した。

 最初にがんを発症したのは15年3月。人間ドックで血尿がわかったため、細胞診で調べてもらうと、膀胱と尿管と腎臓にがんが見つかった。

この記事は有料記事です。

残り1563文字(全文1844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです