アマチュア化石収集家、二枚貝の新種発見 同属では世界最古 北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道浦幌町で発見されたタテヒダシャクシガイ属の新種の化石=天野和孝特任教授提供
北海道浦幌町で発見されたタテヒダシャクシガイ属の新種の化石=天野和孝特任教授提供

 北海道浦幌町にある約6000万年前の新生代の地層から、深海性の二枚貝・タテヒダシャクシガイ属の新種が発見された。採集したのは帯広市のアマチュア化石収集家、井上清和さん(61)で、学名は「ミオネラ・イノウエイ」、和名は「イノウエタテヒダシャクシ」と命名された。タテヒダシャクシガイ属として世界最古の化石だという。

 新種と鑑定したのは、上越教育大の天野和孝特任教授(古生物学)。新潟大の栗田裕司准教授(同)らと調査を進め、4月に米国の貝類学雑誌「ノーチラス」に論文発表した。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文693文字)

あわせて読みたい

注目の特集