メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都の魅力、自宅で感じて 座禅の手ほどきも 観光協会が専用HP開設

臨済宗妙心寺退蔵院の松山大耕副住職による座禅解説の動画=京都市観光協会提供

[PR]

 京都市観光協会は、新型コロナウイルスの感染拡大で外出の自粛要請が続く中、京都の魅力や癒やしを自宅で感じられるような画像や動画を提供する専用ホームページ(HP)を開設した。座禅の解説や、収束後の旅に役立てるような「KYOTOの予習」などの動画もあり、同協会は「少しでも見た人の癒やしや活力になれば」としている。

 「Stay Home,Feel Kyoto」キャンペーンと銘打ち、同協会の観光客向けサイト「京都観光Navi」などに専用HPを設けた。座禅の解説は、臨済宗妙心寺派大本山・妙心寺の塔頭(たっちゅう)、退蔵院(同市右京区)の松山大耕副住職による「おうちで座禅~手ほどき編」を配信。「KYOTOの予習」は、歴史や見どころなどの解説動画を紹介する。

 また、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」などで背景画像として使える鴨川や嵐電、祇園新橋など12種の画像を無料で提供。今後、コンテンツを拡充する予定という。詳細は専用HP(https://ja.kyoto.travel/feelkyoto)。【小田中大】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです