特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

善意から生じるうわさやデマ 立命大教授 「具体かつ正確な情報伝達が必要」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立命館大のサトウタツヤ教授=本人提供
立命館大のサトウタツヤ教授=本人提供

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで「トイレットペーパーがなくなる」というデマが広がり、実際に店頭からなくなる騒ぎになった。なぜデマやうわさが生まれ、人は踊らされるのか。立命館大のサトウタツヤ教授(社会心理学)は「うわさやデマは、重要で曖昧な情報について『善意』から生じる」と指摘する。

 サトウ教授によると、うわさやデマは人を陥れる意図からではなく「こうしたら良い」という善意から生じるという。トイレットペーパーについては、家族や友人らに「あの店で売っていた」などと伝えたことが、結果として買い占め騒動につながった。その後、在庫が十分にあることなどが報じられ、騒動は収まった。サトウ教授は「具体的で正確な情報を伝えることが重要だ」と強調する。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文981文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集