メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 8割「活動の場と収入失う」 芸術家の苦境、アンケートで浮き彫り

 新型コロナウイルス禍によって芸術家の8割が活動の場と収入を失い、社会的にも孤立している――。文化活動に携わる個人・組織へのアンケート調査から、切迫した実態が明らかになった。

 4月3~10日に、コンサルティング会社「ケイスリー」がインターネット上で調査。新型コロナの仕事・生活への影響などを聞き、3357件の回答を得た。このうち66%は「所属なし」の個人事業主で音楽家や演劇人、美術家、制作者など。

 「今困っていること」の質問に、84%が「活動ができない」、82%が「収入の低下」を挙げた(複数回答可)。政府が2月26日、自粛対象として「文化イベント」を挙げて以来の個人の損害額は、「10万円未満」や「300万~500万円未満」などさまざまだが、行政の経済支援を、96%が不十分と感じている。最低限必要な補償額としては「10万~50万円未満」との回答が56%を占めた。また、「活動することへの誹謗(…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです