メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

白井晃(KAAT神奈川芸術劇場芸術監督) 演劇は観客と双方向で成立 演出の3公演が中止

=二石友希撮影

 <いま文化は 新型コロナ>

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、KAAT神奈川芸術劇場(横浜市)の芸術監督、白井晃が演出を手がける三つの舞台が立て続けに中止となった。3~4月を「激動の2カ月」と振り返り、気持ちが沈む時期もあったという白井だが、公共劇場に関わる演劇人として新たな使命を見いだしつつある。

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです