メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

白井晃(KAAT神奈川芸術劇場芸術監督) 演劇は観客と双方向で成立 演出の3公演が中止

=二石友希撮影

 <いま文化は 新型コロナ>

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、KAAT神奈川芸術劇場(横浜市)の芸術監督、白井晃が演出を手がける三つの舞台が立て続けに中止となった。3~4月を「激動の2カ月」と振り返り、気持ちが沈む時期もあったという白井だが、公共劇場に関わる演劇人として新たな使命を見いだしつつある。

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです