メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

反戦、メディアに託す=勝田友巳

インタビューに答える大林宣彦監督=東京都世田谷区で2017年12月、太田康男撮影

 大林宣彦監督を最後に単独で取材したのは、「花筐/HANAGATAMI」公開前のことだった。取材はいつも冗舌な監督の独壇場、しかもそのまま記事になりそうな話し上手である。予定の時間はたいてい過ぎるから、後は空けておくのが常だった。

 この時はがんとの闘病で痩せて声の張りもなかったものの、いつも以上の熱弁だ。戦争体験、奥様とのなれそめ、映画哲学まで、予定を1時間過ぎても終わる気配がない。様子を見に来たスタッフを「大事な話をしているんだから」と制してなお語り続けた。力を込めたのは戦争への危機感であり、映画が果たすべき役割について。語り残しておかねばとの思いがヒシヒシと伝わった。

 “次回作”の話題も出たが、実現するか危ぶんでいた。ところがすぐ後で、撮影に入ったと聞いて驚いた。盛夏の広島で車椅子から、300人以上のスタッフ、出演者を指揮したという。「2時間程度」というプロデューサーの要請を押し切った3時間の大作。公開延期中の「海辺の映画館 キネマの玉手箱」である。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです