メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
波のまにまに

“よそ者”への社会的圧力=戸田栄

 <途中、ところどころの村の入り口に立て札があった。

 ――物乞い旅芸人村に入るべからず。>

 「伊豆の踊子」を読んでいて不意に胸をつかれる場面である。緑が濃い伊豆の山々や渓谷を縫っての旅の途中、主人公の青年の心にきざす踊り子への思慕を描く名作だが、当時、踊り子ら旅芸人には偏見の目があり、川端康成はその様子も余さず記している。美しい物語と裏腹にある、人間社会のリアルが私には印象深かった。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国から外出自粛が要請される中で、ある町ではやって来た他府県ナンバーの車を傷つける嫌がらせがあった。疑心暗鬼が高じてのことらしい。それにしてもと暗たんたる気分になり、伊豆の踊子に出てくる門を閉ざした村が頭に浮かんだのだった。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです