メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざいフォーカス

農業の複数拠点化拡大 人材活用と通年供給狙い

北海道富良野市にある西牟田農園の農場=同農園提供

 農業法人の規模を広げ、国内の複数の拠点に農場を構える動きが広がっている。季節ごとに産地を切り替えて通年で安定的に出荷し、人材を有効活用するのが狙い。高齢化や耕作放棄など日本の農業が抱える課題は多い中、政府も生産性の高い農場経営を後押しする。

 西牟田農園は冬場に温暖な鹿児島県南九州市でダイコンを育て、夏場は涼しい富良野市でニンジンを栽培する。西牟田峰男代表(59)は南九州市の父親の農場を20代で継ぎ、規模を広げて従業員を増やしたが、「ダイコンの農閑期の夏は仕事がなくなる。通年で従業員を雇う策が必要だった」と打ち明ける。

 このため、2014年に富良野市に農地を購入。外国人実習生を含む十数人の従業員が、鹿児島の約50ヘクタール、北海道の約15ヘクタールで根菜を栽培し、ニンジンを加工したジュースも生産。西牟田氏は年に何度も日本を南北に行き来して経営する。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです