連載

移住者たち

毎日新聞デジタルの「移住者たち」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

移住者たち

/9止 会社員→大学の美術講師 文化芸術、福井で芽吹け 浅野桃子さん(41)=福井市

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福井にアートを根付かせようとスタジオを開設し、さまざまな活動に取り組む浅野桃子さん=福井市中央1で、大原翔撮影
福井にアートを根付かせようとスタジオを開設し、さまざまな活動に取り組む浅野桃子さん=福井市中央1で、大原翔撮影

気候や自然、創作の刺激に

 「福井の気候や自然は創作活動をする人にとってとても刺激的。多くのアーティストに味わってほしい」。2018年6月にアート活動の拠点「HAI studio」をJR福井駅前に設立し、アーティストへの活動場所の提供などをしている。

 岐阜県羽島市出身。東京芸術大学の絵画科に進学後、同大院を経て研究室の助手に。その後、都内の文化施設でスタッフを務めた。

 15年に都内の民間企業に転職して約1年後、福井大で働く知人から「うちの美術専攻で講師をしてくれないか」と誘いを受けた。即決はできなかったが、元々好奇心が強く、知らない土地への興味が徐々に湧き、移住を決意。いざ来てみると、次第にその魅力に引き込まれた。「福井は天候が不安定な分、体の調子への影響に意識が向きやすい。身近に自然が広がり、アーティストにとって良い刺激になると思った」

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文932文字)

あわせて読みたい

注目の特集