メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

当たった宇治新茶で画像投稿 「茶摘みの集い」代替キャンペーン 府茶業会議所 /京都

第1弾の賞品になる宇治茶オリジナル急須(左)と新茶=京都府茶業会議所提供

 立春から88日目の「八十八夜」を迎え新茶シーズンが始まった。府茶業会議所(宇治市)は、「新茶で笑顔のおうち時間」と銘打ち、プレゼントと画像コンテストのキャンペーンをしている。新型コロナウイルスの感染拡大で「STAY HOME(家にいよう)」の趣旨を受けた初の宇治新茶キャンペーン。第1弾で新茶とオリジナル急須が当たった88人を対象に、第2弾はその新茶を飲む画像を投稿してもらう。

 感染拡大で、会議所など4団体は1日に予定していた毎年恒例の「宇治新茶・八十八夜茶摘みの集い」を中止。会議所では、外出の自粛が求められている中、茶所の雰囲気を感じ、宇治新茶で「ほっこり」してもらおうと、自宅で参加できる催しを企画した。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです