メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妊婦に安心できる所を 神戸・小さないのちのドア、CFで施設建設費募る 就労や養子縁組の支援も /兵庫

「小さないのちのドア」の前に立つ永原郁子代表理事(左)と西尾和子施設長=神戸市北区で、反橋希美撮影

 思いがけない妊娠の「SOS」を24時間体制で受ける「小さないのちのドア」(神戸市北区)が、頼る先がない妊婦を受け入れる「マタニティ・ホーム」の建設費をクラウドファンディングで募っている。新型コロナウイルスの感染拡大で相談件数が増えており、支援者は「居場所のない女性たちが安心して過ごせる『実家』のような場所をつくりたい」と呼びかける。【反橋希美】

 「ドア」には、妊娠後に誰にも相談ができないまま経済的に困窮し、インターネットカフェを転々とする女性など、緊急性の高い相談が寄せられてきた。マタニティ・ホームへの受け入れは5人程度を想定。おなかが目立ち働けなくなる妊娠7~8カ月ごろから産後1~2カ月まで生活できるようにし、就労や特別養子縁組の手続きなどをサポートする。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 光秀の先祖? 「明智」姓が記された鎌倉時代の古文書発見 岐阜・多治見

  4. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  5. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです