メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

土佐でワイン/下 土佐町の先駆者 /高知

ブドウの木を手にする山中敏雄、こずえ夫妻=土佐町の「ミシマファームワイナリー」で、井上大作撮影

 多雨の高知はブドウ栽培に適さない――。そんな“常識”に挑んだ先駆者がいます。土佐町田井で夫婦が営む小さな醸造所「ミシマファームワイナリー」です。先代からブドウ園を受け継ぎ、3年前に高知で初めてのワイナリーとして誕生しました。無農薬のブドウにこだわり、手作りのワインを会員に届けています。しかしその道のりは平たんではありません。

 ワイナリーは早明浦ダムのすぐ近くにあります。高知市内から車で約1時間。直線距離は近いものの、高速道路で山々を越え、回り込んでいきます。そこは四国の真ん中、太平洋側とはまた違う田園風景が広がっています。

この記事は有料記事です。

残り1490文字(全文1755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 十三人の刺客

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  4. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです