メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい・九州・山口の緑

長崎・県民の森 “長崎のファーブル”伊藤さん アサギマダラと35年 /長崎

展望台から。奥は角力灘で、天気の良い日は五島列島まで見える

 採集したチョウを入れる三角形のケースを腰に付け、目当ての「アサギマダラ」を探して虫取り網をクルクルと回しながら歩く男性がいた。ここは長崎県西彼杵半島にある「ながさき県民の森」。男性は動植物園「長崎バイオパーク」(同県西海市)の伊藤雅男副園長(58)だ。人は彼を“長崎のファーブル”と呼ぶ。

 県民の森は長崎・西海両市にまたがり、総面積約382ヘクタールと西日本有数の広さを誇る森林公園だ。角力(すもう)灘と大村湾に挟まれた温暖な気候で、敷地内には渓流が流れる。「生きた化石」と呼ばれるムカシトンボや澄んだ鳴き声のカジカガエルなどが生息するなど豊かな生態系を織りなす。

 伊藤さんは仕事の合間を縫って約35年間にわたり県民の森に通い続けてきた。今や県内外で有名な昆虫博士だ。

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです