特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

政府、13年「行動計画」踏襲 コロナ大量検査、想定外 柔軟対応欠く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染が疑われる症状に苦しんでいるにもかかわらず、PCR検査を受けられないという不安や不満の声がくすぶっている。新たな感染症の流行を想定して2013年に政府が策定した「行動計画」は、水際対策や国内侵入を許した場合の対応策を示した。ただし、PCR検査を大量に実施する想定がそもそもなく、この計画を参考にした政府が今回の事態に柔軟に対処できていなかったことが浮かび上がる。(2、3面に「崩れる医療」)

 英国オックスフォード大の研究者らが公表している「Our World in Data」によると、人口1000人当たりの累計検査件数(5月6日時点)は日本は2・42件で、イタリア(38・22件)や米国(23・52件)、韓国(12・54件)を大きく下回り、感染抑止の「成功例」とされる台湾(2・77件)よりも少ない。検査を受けられないまま自宅待機中に亡くなる例も出ており、政府への批判は強い。

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1654文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集