連載

風知草

世論は風だ。でも世論とは何だ――。永田町を知り尽くす山田孝男特別編集委員の政治コラム。

連載一覧

風知草

政権にも目詰まりが=山田孝男

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自粛はいつまでか?

 日本の新型コロナ対策は成功しているのか?

 判断はPCR検査から導かれるはずだが、検査数が日本は極端に少ない。

 「なぜ少ないか」と聞かれた首相は「目詰まりがある」と答えた(4日)。この問題は2月末から問われてきた。この期(ご)に及んで説明に具体性がない。

 緊急事態宣言発令中にもかかわらず、民心は政権から離れつつある。

 引き戻すために、政権内部の目詰まり、政権と国民の間の目詰まりを解消する必要があろう。

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1319文字)

あわせて読みたい

注目の特集