メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

政権にも目詰まりが=山田孝男

 自粛はいつまでか?

 日本の新型コロナ対策は成功しているのか?

 判断はPCR検査から導かれるはずだが、検査数が日本は極端に少ない。

 「なぜ少ないか」と聞かれた首相は「目詰まりがある」と答えた(4日)。この問題は2月末から問われてきた。この期(ご)に及んで説明に具体性がない。

 緊急事態宣言発令中にもかかわらず、民心は政権から離れつつある。

 引き戻すために、政権内部の目詰まり、政権と国民の間の目詰まりを解消する必要があろう。

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです