メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック 前向きに考えるコロナ拡大

 <くらしナビ ライフスタイル>

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために休校になっている学校も多いですね。過去にも感染症のために劇場や大学が閉鎖(へいさ)され、それによって新しい芸術や科学的進歩が成(な)し遂(と)げられたことがあります。嫌(いや)になることばかりのいま、少し前向きに考えてみましょう。

 いまから3000年ほど前の古代エジプトの王だったラムセス5世のミイラに天然痘(てんねんとう)の痕(あと)が見つかっています。天然痘は、いまでこそ世界からなくすことに成功しましたが、昔は死亡率が高く、大変恐(おそ)れられていました。感染すると、顔などに“あばた”(デコボコのあざのようなもの)ができます。ラムセス5世のミイラにも、それが残っていたのです。

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1506文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです