メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック 前向きに考えるコロナ拡大

 <くらしナビ ライフスタイル>

古代から疫病の悲劇 一方で自由時間活用 優れた作品や発見も

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために休校になっている学校も多いですね。過去にも感染症のために劇場や大学が閉鎖(へいさ)され、それによって新しい芸術や科学的進歩が成(な)し遂(と)げられたことがあります。嫌(いや)になることばかりのいま、少し前向きに考えてみましょう。

 いまから3000年ほど前の古代エジプトの王だったラムセス5世のミイラに天然痘(てんねんとう)の痕(あと)が見つかっています。天然痘は、いまでこそ世界からなくすことに成功しましたが、昔は死亡率が高く、大変恐(おそ)れられていました。感染すると、顔などに“あばた”(デコボコのあざのようなもの)ができます。ラムセス5世のミイラにも、それが残っていたのです。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1506文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです