メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬季選手、コロナ禍での門出 アイスホッケー女子日本代表/ショートトラック平昌五輪代表・斎藤仁美さん

日本勢一番乗りで北京五輪行きを決めたアイスホッケー女子。平昌大会では6位入賞した=2018年、手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で東京オリンピックが延期された一方で、冬季競技のアスリートにも動きがあった。一足早く2022年北京五輪の出場権を得た者に、第一線を退く決意をした者――。それぞれの新たな出発を巡る思いとは。【岩壁峻】

 アイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」は4月24日、3大会連続の五輪となる北京大会への出場を、全競技を通じて日本勢一番乗りで決めた。開催国の中国を含めて10枠ある女子の五輪出場権はまず、3~4月の世界選手権(カナダ)の成績を反映した世界ランキング上位6チームに与えられるはずだったが、新型コロナの影響で中止に。シード順に応じたポイントを加算した結果、日本は過去最高の世界6位を維持した。

 飯塚祐司監督(45)は「ホッとした」と胸をなで下ろしつつ、「素直に喜べない」と言葉を続ける。14年ソチと18年平昌の両大会は、いずれも本番約1年前の五輪最終予選で出場権を得たが、今回は2年の準備期間を得た格好だ。しかし、代表の活動は3月の強化合宿(北海道・釧路)を最後に今後の見通しすら立たず、「アドバンテージを生かせない」。代表候補選手は在宅トレーニングが中心で、タブレット端末の専用アプリを活用…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです