連載

にほんでいきる

労働力不足から外国人受け入れを広げる日本。ですが、その子どもたちの権利は十分に守られていません。解決の糸口は。

連載一覧

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 職転々の末、詐欺加担 言葉の壁、学校なじめず 日系ブラジル人被告

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京拘置所に収容されているジャックから届いた手紙=東京都千代田区で2020年3月18日、長谷川直亮撮影
東京拘置所に収容されているジャックから届いた手紙=東京都千代田区で2020年3月18日、長谷川直亮撮影

 「今さらですけど、もっと勉強しておけばよかったと思うんです」。アクリル板で隔てられた東京拘置所の面会室。ブラジル出身の被告の男性(22)は、そうつぶやいた。言葉のハンディから学校になじめず、不安定な仕事を渡り歩いた末に犯罪に関わった。国の調査では、日本で暮らす15~19歳の外国籍の未成年の7・7%は学校にも仕事にも行かず、日本語教育の必要な外国籍などの高校生が卒業後に非正規の仕事に就く割合は、高校生全体の10倍に上る。被告は今、育った環境を振り返り自問の日々を送る。

 日系4世の被告は小学1年生の時、日本で工場勤務をしていた両親に呼び寄せられた。両親の転職で毎年のように転校。言葉は全く分からなかったが、5年生で在籍した小学校でしか日本語教育を受けられなかった。「知らない言葉が出てくる度、勉強が進まなくなる」。中学では勉強についていけず、ゲームで授業時間をつぶした。高校でも分からない授業を3年間受けると思うとうんざりし、入試をすっぽかした。

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1521文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集