首相、検察庁法改正は「今国会で」 菅官房長官、抗議の意見は「承知」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相=竹内幹撮影
安倍晋三首相=竹内幹撮影

 検察官の定年を63歳から65歳に引き上げる検察庁法改正案に「抗議します」とのツイッター上の投稿が急増していることについて、菅義偉官房長官は11日の記者会見で「インターネットなどでの意見は承知しているが、政府としてコメントは差し控えたい」と述べた。安倍晋三首相は11日の衆院予算委員会で、開会中の通常国会中に検察庁法改正案の可決・成立を目指す考えを示した。

 首相は、検察官を含む公務員の定年引き上げについて「知識、技術、経験などを持つ職員を最大限活用し、複雑・高度化する行政課題に的確に対応していくため、定年引き上げが必要だ」と強調。「職員の職業生活設計に大きな影響があり、早い段階での周知を含めて準備には相当な期間を要する。地方公務員についても同様の法律案を提出しており、自治体での条例制定も見据えると、今国会で法案を成立させる必要がある」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文536文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集