メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カシマスタジアムにPCR検査センター11日開設 ドライブスルー方式で

報道陣に公開された検体採取のリハーサル=鹿嶋市神向寺のカシマスタジアムで2020年5月10日、根本太一撮影

[PR]

 サッカーJ1の鹿島アントラーズの本拠地、カシマスタジアム(茨城県鹿嶋市神向寺)に11日、新型コロナウイルスの感染を調べるための検体採取を行う「鹿行地域PCR検査(遺伝子検査)センター」が開設される。鹿島医師会が設置し、車に乗ったまま採取するドライブスルー方式を採用する。

 検体採取の対象になるのは、潮来保健所が必要と判断した人。鹿行地域ではこれまで検査待ちが10人以上に達した時期もあり、住民1人当たりの医師数が全国平均の3分の1程度というぜい弱な医療体制の崩壊を防ぐ狙いがある。

 センターでは1日最大20件の検体採取が可能で、初日の11日は19件の採取を予定している。採取した検体は、県衛生研究所で調べる。鹿島医師会の松倉則夫会長は「陰性ならば通常の医療行為を受け、陽性が確認されれば早期に隔離し、医療崩壊を避けられる」と強調している。

 10日にはリハーサルがあり、医療関係者ら約60人が参加した。「検査対象者」が車でスタジアムに到着すると、スタッフが携帯電話で話して車の窓を開けないで本人確認を実施。防護服姿の医師が長い綿棒を鼻孔に差し込み検体を採取した。スタッフは二重にゴム手袋をしており、表側の1枚は採取が終わる度に交換していた。

 センターは、Jリーグが再開した後は鹿嶋市内の別の場所に移転する予定。予約制で、受け付けは平日午後1~3時。【根本太一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです