メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日へ・新型コロナ

保育士の葛藤 子どもたちをギュッと抱きしめていいのか…

園庭で子どもたちと遊ぶ保育士の神品みどりさん(中央)=千葉県市川市で2020年5月7日、大西岳彦撮影

 「せんせー」。泣いては抱きつき、喜んでは抱きつく。保育士が子どもたちと信頼関係を築いていればいるほど、その距離は密になる。本来、愛着形成に必要なスキンシップが、新型コロナウイルス感染拡大の中では避けるべきものとされる。「もしも感染させてしまったら」。保育士たちは葛藤を抱えながら、屈託なく走り寄ってくる子どもたちを胸で受け止める。

 千葉県市川市の認可保育所「国府台保育園」は市の要請で4月20日から休園するが、125人の園児のうち医療・介護従事者らの子ども約20人を受け入れている。同園の保育士、神品(こうじな)みどりさん(48)は週に2日ほど、小学3年生になる自身の長男を学童保育に預けて保育に当たる。「保育園は3密そのもの。離れて過ごすのは難しい」。外部からの来園者を極力入れず、消毒の徹底など感染防止に全力で取り組むが、園の…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです