メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市が雨がっぱの配布開始 希望する医療機関に市民寄付の30万枚

医療機関に配布するため運び出される市民から寄付された雨がっぱの入った段ボール箱=大阪市役所で2020年5月11日午後2時35分、望月亮一撮影

 大阪市は11日、新型コロナウイルスの治療現場などで防護服の代用品として活用してもらおうと、市内の医療機関に雨がっぱの配布を本格的に始めた。防護服不足を知った松井一郎市長が4月中旬、雨がっぱの寄付を市民らに呼びかけると、4日間で約30万着が集まっていた。市役所に雨がっぱを受け取りに来た病院関係者は「備蓄が底をつきかけており助かる」と話した。

 市によると、市保健所が4月末以降、市内の176病院に防護服の備蓄状況と雨がっぱの需要を調査。感染者の受け入れの有無にかかわらず、105病院から「防護服が足りていない。ぜひほしい」などとの声が寄せられたという。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです