特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

被爆体験を小説にした作家・原民喜の遺影を登録 広島平和祈念館

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
登録された原民喜の遺影=国立広島原爆死没者追悼平和祈念館提供
登録された原民喜の遺影=国立広島原爆死没者追悼平和祈念館提供

 原爆死没者の写真や資料を収集する国立広島原爆死没者追悼平和祈念館(広島市中区)は11日、広島で被爆した作家、原民喜(1905~51年)の遺影を登録したと発表した。市内に住むおいが、祈念館の呼びかけに応じて提供した。

 広島出身の原は、爆心地から東に約1・2キロ離れた広島市幟町(現中区)で被爆。当時の…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集