メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

ニュースがわかる目次

定価490円

[PR]

月刊「ニュースがわかる」2020年6月号

(5月15日ごろ発売・定価490円)のおもな内容

<巻頭特集>

★ ここまできた 最新生命科学

iPS細胞やゲノム編集など、

生命科学の新しい技術が注目されています。

それにより、臓器そのものを作り出すことも夢ではなくなりました。  

難病の治療や新薬の開発に期待が持てそうです。

<ニュース特集>

★ 新型コロナで緊急事態宣言

新型コロナウイルスの感染拡大で、

国は全国に緊急事態宣言を出しました。

人と人との接触を極力なくすことで

感染を食い止めようとしていますが、見通しは立っていません。

★ 象牙の取引 孤立する日本

はんこや宝飾品などに珍重されてきた象牙。

密輸で高く売れるため、アフリカゾウが殺される例があとを絶ちません。

日本には象牙を売り買いする市場が残っているため

国際社会の批判にさらされています。

★ 広がる#KuToo 女性は「ヒールのある靴」と決めないで

女性だけにヒール(高いかかと)のある靴を強制する職場のルールを

見直そうという動きが広がっています。

ヒールのある靴は「女性らしさ」を強調する半面、

歩きにくく、足の健康にもよくありません。

★ 富士山噴火の火山灰で「東京がマヒ」

「もし富士山が大噴火したら、大量の火山灰で首都圏の機能はマヒ」――。

国への報告書に、そんなショッキングな推計結果がもり込まれました。

鉄道が止まり、停電や断水が発生。

雨なら火山灰は水を含んで重くなり、被害がさらに大きくなります。

★ ヤングケアラーを知ろう

通学や仕事をしながら家族を介護する15~19歳は

「ヤングケアラー」と呼ばれ、全国で約3万7100人います。

負担が重くなると、勉強もできず、明るい将来を築くことがかないません。

支援を受けられずに孤立するケースもあります。

★ 五輪延期でも「ポジティブに」挑む

東京オリンピックとパラリンピックが来年に延期されました。

気持ちを切り替えて前を向く

アスリートたちの言葉を集めました。

★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

★どなたにも読みやすいふりがな付きです。

★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

★通常定価490円 書店でどうぞ

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです