メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

山本康介 言葉で伝える「英国バレエ」 元ダンサーが初の著書

山本康介著「英国バレエの世界」(世界文化社)の表紙。中央のバレリーナは至宝と呼ばれたマーゴ・フォンテイン(1919~91年)

 バレエの「元ダンサー」「教師」「振付家」……。どの肩書も山本康介の現在を表しきれない。英バーミンガム・ロイヤル・バレエでの現役生活を終えて帰国後、これらの役割をしなやかに横断し、独自の地歩を築いてきた。最新の一手が、「英国バレエの世界」(世界文化社)の出版。「憧れる人が多いわりに英国バレエの神髄は知られていないと感じてきた。僕が現地で学んだことをブーケのように文章にまとめ、手に取っていただきたいと考えたのです」。そうして仕上がったのが、半生記で、解説書で、動画付き教本でもある極上のエッセー。著者自身と同じく、類のない一冊だ。

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです