メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

すたこら 学ぶ手段の多様化を

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大学の講義がオンラインで行われる。今まで経験したことがない取り組みに戸惑う一方で、これを機に学校改革をしてほしいと思う。

 元来、学校が苦手だ。人間関係のトラブルが多いから。全員が仲良くできるわけではなく、当然いじめもあった。中高時代、勇気を出して先生に相談するも何も解決できずじまい。いじめられた人が転校するところを何度か見かけた。

 授業のスタイルにも疑問を持っている。基本的に小学校から高校まで、学年ごとに授業を進めていく。それも、勉強ができない人に合わせてひたすら聞く一方通行形式だ。自分の意見を言う機会なんてほとんどない。半面、優秀な人が先生に指摘すると生意気だと評価される。協調性が大事、当時はこれが仕方ないことだと思っていた。やめたくても、通学しない選択肢がなかったから。将来の就職、年収に影響すると自分に言い聞かせ、学歴…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです