メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 心待ち先生と「もしもし」 オンライン保育好評 保護者「生活リズム整う」

オンライン保育で楽しそうに体を動かす園児の画面=ポピンズ提供

 新型コロナウイルスの感染拡大で、インターネットを活用した「オンライン保育」に取り組む保育園や幼稚園が増えている。ICT(情報通信技術)に不慣れな保育士が手探りで奮闘する園もあるが、保護者からは「生活リズムが整う」「先生に会えて子供が喜んでいる」と好評だ。

 緊急事態宣言の期間中は保育園を原則休園とした東京都杉並区。同区在住の会社員、佐藤笑美里さん(27)の長女(2)は、保育士らがオンライン会議システム「Zoom」を使って自宅から配信する「朝の会」を心待ちにしている。

 4月13日に開始され、配信が始まる平日午前9時半が近づくと長女から「先生と、もしもし?」とせがまれる。30分間、画面の中の先生の歌や身ぶり手ぶりを懸命にまねる。始まりと終わりには佐藤さんがパソコンを操作して音声を送る設定に変更し、長女は「おはようございます」「ばいばい」と答える。

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです