メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ・緊急事態

消毒業者、大忙し 感染者の車/店舗の予防… オゾン発生器や薬剤駆使 大阪

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、消毒作業のできる専門業者への依頼が相次いでいる。遺品整理を中心に特殊清掃を手がける「クリーンメイト」(本社・大阪市生野区)には3月半ばからレンタカー会社や飲食店、小売店などから作業依頼が増えている。西村訓典(くにのり)社長(37)は「少しでも安心したいとの思いからか、予想を超える需要がある」と話す。

 4月下旬、大阪府松原市の同社の倉庫に1台のワンボックスカーが運び込まれてきた。新型コロナウイルスの感染が判明した男性が使っていた車両で、家族が自動車販売業者を通じて依頼してきたという。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです