メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「久しぶり」友人と笑顔 県内初、飯舘の学校授業再開 /福島

久しぶりに登校した子どもたち=福島県飯舘村立いいたて希望の里学園で

 新型コロナウイルスの感染拡大で休校していた飯舘村立の義務教育学校「いいたて希望の里学園」が11日、20日ぶりに授業を再開した。政府の緊急事態宣言の全国拡大で県内の学校が休校して以降、授業を再開するのは初めて。11日から5日間は午前授業のみで給食を食べて下校し、18日から通常授業を始めたい意向だ。

 村教育委員会は、授業日数の確保や生徒、保護者の外出自粛によるストレス軽減などを再開の理由としている。同校は全校児童・生徒65人で学級の人数は最大でも13人と少ないことから、「3密」(密閉、密集、密接)を避けて授業が実施できると判断したという。

 同校は感染予防のため、子どもたちにマスクの着用や手指のアルコール消毒の徹底、これまで以上に手洗いやうがいをこまめにすることなどを指導。多くが利用するスクールバスも従来より大きな車両を用意し、間隔を空けて座らせた。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  4. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

  5. 特集ワイド 北朝鮮、コロナ禍で金王朝に異変? トップ女優、謎の復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです