連載

養老先生のさかさま人間学

解剖学者の養老孟司さんが、ユニークな視点で世の中のできことを語ります。

連載一覧

養老先生のさかさま人間学

普段気付かない大事なこと

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 たくさんの学校が休みになりました。学校だけではありません。いってみれば日本中、いや世界中が病気になって、仕方がないからみんなで休んでいる。そういう状況。

 こういうことは、初めてです。わたしは80年以上、生きてきましたが、本当に初めて。おかげで休んで、毎日ゆっくり虫の標本を作っています。これまで綿に入れて、さらに紙に包んでしまっておいた虫たちを、包みから出して、きちんと標本にするんです。

 これまでも時々やらなくてはと思っていた作業ですが、やる時間がなかった。それが急にできることになりました。新型コロナウイルスがなければ、今ごろは台湾あたりに虫をとりに行っていたはずですが、行けません。それなら、ということで、以前からやり残していたことをやっています。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文670文字)

あわせて読みたい

注目の特集