メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#おうち時間@三重

子どもにも簡単、酒かすクラッカーレシピ 名張「京風イタリアンらんぽ」従業員・土佐紀子さん /三重

焼き上がったクラッカーを披露する土佐紀子さん=三重県名張市元町の京風イタリアンらんぽで、衛藤達生撮影

 名張市ににぎわいを生み出そうと、市内を流れる名張川沿いに市内の料理店が屋台を出店する「星空マルシェ」を企画した市民グループ「SWITCH」。その共同代表の藤木泰之さん(50)がオーナーシェフを務める「京風イタリアンらんぽ」従業員の土佐紀子さん(39)が酒かすクラッカーのレシピを考案した。「子どもでも簡単にできますよ」と土佐さん。名酒の里でもある名張を見直すきっかけにもなるお菓子を「ボナペティ!(さあ、召し上がれ)」。【衛藤達生】

 ボールに入れた酒かすにきび砂糖と塩を加え、ゴムべらでかき混ぜる。さらにごま油と水を加え、乳化するまで泡立て器でかき混ぜる。乳化というと、かなり必死でかき混ぜる印象があるが、「あっ」という間に白濁する。藤木さんによると、ごまを加えることで乳化させやすくするイタリアンの手法があるといい、「ごま油を使っているからか、結構簡単に乳化しますよ」とのこと。

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  2. 神奈川・逗子斜面崩落 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです