新型コロナ 神戸の公益財団、弱者支援に基金 3億円目標、助成先公募へ /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 公益財団法人「ひょうごコミュニティ財団」(神戸市)などは9日、新型コロナウイルスで生活苦に陥る一人親家庭や外国人、低所得者を支援する民間団体に活動費などを助成する基金を設立した。3億円を目標に基金を募り、6月中に第1弾の助成先の公募開始を目指す。【井上元宏】

 基金名は「ひょうご・みんなで支え合い基金 コロナから始まる共助社会」。コミュニティ財団によると、県内在住の外国人向けに支援情報紙を配る団体では、新型コロナによる景気悪化の影響で広告を出す企業などが激減し、資金が枯渇寸前だという。お茶会や作業所を提供して高齢者や障害者の居場所づくりをする団体では、外出自粛でバザーが開けず、施設の利用料収入も…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文754文字)

あわせて読みたい

ニュース特集