新型コロナ 県の代表イベント危機 まんが甲子園中止へ 作品制作「3密」避けられず /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「まんが王国」を代表するイベントが追い詰められた。国内外の高校生が漫画の腕前を競う「第29回全国高校漫画選手権大会」(まんが甲子園)について、主催する県と「まんが王国・土佐推進協議会」が中止に向けて最終調整しており、12日にも正式発表される。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中止されれば1992年の開始以来初めて。

 まんが甲子園はテーマに沿った漫画を各校3~5人のグループで制作。国内外から例年約300校が応募する。予選を通過した約30校が8月の2日間、高知市内で開かれる本選に出場する。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文505文字)

あわせて読みたい

注目の特集