メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

誤った世界に戻すな。経済を再構築しよう ムハマド・ユヌス氏(経済学者)

ユニクロを展開するファーストリテイリングがグラミン・グループと始めたソーシャルビジネスは、収益のすべてをビジネス拡大にまわす。子供たちは安価な服が手に入るようになった。

 コロナ禍による荒廃から、世界をどう再建すべきか。ノーベル平和賞受賞者で経済学者のムハマド・ユヌス博士(79)は白紙からの再設計を説く。【構成・國枝すみれ、写真はグラミン・トラスト提供】

 ◆誤った世界に戻すな。経済を再構築しよう 金銭が本質ではない。創造力が課題を解決する

 新型コロナウイルスの大流行が世界に与える打撃の大きさを考えると、たまらない気持ちになる。しかし、この危機は比類ないチャンスも与えてくれる。まさにいま、全世界に重要な問いが提起されている。どうやって経済を回復させるかではない。この世界を、新型コロナに襲われる以前に戻すのか、それとも、新しく設計し直すのか、という問いだ。決定は完全に私たちに任されている。

 新型コロナが登場する以前の世界は、言うまでもないが良いものではなかった。気候変動が引き起こす大災害によって、全人類が脅かされるまでの残り時間を数えていた。人工知能(AI)によって膨大な雇用が失われ、富の集中は爆発的レベルに達していた。

この記事は有料記事です。

残り4345文字(全文4776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 東京都で新たに20人の感染確認 5日連続10人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです