メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米豪印など7カ国外相がテレビ会議 コロナ発生源究明へ協力を議論

マスクに合わせて眼鏡も着用し、こだわりのマスクファッションを披露した茂木敏充外相(外務省の記者会見の動画から)

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り米中の対立が深まる中、米国が主催する7カ国の外相テレビ会議が11日夜、初めて開かれた。中国の初期対応を念頭に、発生源究明に向けた国際協力や透明性についても議論された。米中対立の悪化を懸念する日本は難しいかじ取りを迫られている。

 会議には米国、日本、韓国、豪州、インド、イスラエル、ブラジルの外相が参加し、日本からは茂木敏充外相が出席した。米国務省の発表によると、会議では感染防止と発生源の究明に向けた国際協力や透明性、責任の重要性に加え、将来の世界的な公衆衛生危機の発生防…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 日銀若手記者が直撃 (中)「日銀の政策は濃いグレー」元審議委員の警告

  5. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです