特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「悔しい」苦渋の決断 ビュッフェレストラン閉店、新型コロナで再開見通し立たず 甲府

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
閉店した「旬菜厨房 奈のは 実りの郷」=甲府市で、金子昇太撮影
閉店した「旬菜厨房 奈のは 実りの郷」=甲府市で、金子昇太撮影

 甲府市里吉のビュッフェレストランが4月、惜しまれながら閉店した。新型コロナウイルスの感染拡大で3月下旬から自主休業していたが、再開の見通しが立たない中、苦渋の決断を下した。店長を務めた古屋賢一さん(39)は「日を追うごとに客が減っていった。本当に悔しい」と話している。【金子昇太】

 レストランは「旬菜厨房 奈のは 実りの郷」。和洋食の料理約70種類をそろえるビュッフェ形式のレストランで、県産野菜などを使った豊富なサラダメニューが目玉だった。オープン時に千葉市の会社から指導を受けた関係で同社が運営していた「旬菜厨房 奈のは」の店名を使ってきたが、古屋さんの父守正さん(67)が経営する独自店舗で古屋さんは2009年の開店から店長を務めてきた。

 客が減り始めたのは2月末。3月に厚生労働省が1人の感染者が複数人に感染させた事例として「ビュッフェスタイルの会食」を示したことで、さらに客足は遠のいた。例年卒業シーズンの3月は近くの大学の学生らでにぎわい、多い年は1日平均300人以上が来店したが、古屋さんの目算で8割程度減少したという。それでも店内の消毒を徹底し、食材が無駄にならないよう販売する弁当の種類を増やした。しかし、客足は戻らず3月23…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文916文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集