メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開館15分で来館者上限に 静岡・沼津の図書館1カ月ぶりに再開、待ちわびた市民が長い列

[PR]

返却された本を一冊一冊、除菌する図書館職員=静岡県沼津市三枚橋町の沼津市立図書館で2020年5月12日午前10時37分、石川宏撮影

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために臨時休館した静岡県の沼津市立図書館(三枚橋町)が12日、1カ月ぶりに開館した。密集防止策として一度の来館者が100人を超えないように入場を制限。午前9時半の開館から15分で上限に達し、開館を待ちわびて訪れた市民の長い行列が館外まで続いた。

飛沫防止シートが設けられたカウンター前で、2メートルの間隔で貸し出しの順番待ちをする利用者=静岡県沼津市三枚橋町の沼津市立図書館で2020年5月12日午前10時29分、石川宏撮影

 図書館は3月6日に学習室の使用や新聞、雑誌の閲覧を禁止。4月11日に全面的に臨時休館したが、国が感染防止策を講じることを前提とした開館を否定しない方針を示したため、開館を決めた。

 ただし、この日も学習室使用禁止、閲覧禁止などの措置を継続。カウンターに飛沫(ひまつ)を防ぐ透明のシートを新たに設置した。「社会的距離」の確保のため、カウンター前の床に約2メートルの間隔を保つように立ち位置も示した。職員は全員が手袋を着用。返却本は一冊一冊、職員が除菌した。

 図書館の尾和富美代館長は「たくさんの本を読んでほしい。感染を防止するため、利用者に不便をかけるかもしれないが、協力をお願いしたい」と話した。【石川宏】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです