特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

なぜ福井県民は1世帯100枚のマスクを買えるのか 遅れるアベノマスクとの落差

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福井県民に配布されたマスク購入券=福井市内で
福井県民に配布されたマスク購入券=福井市内で

 安倍晋三首相が全世帯に2枚ずつの配布を表明した布マスクは、不良品が相次ぎ、一部の企業が回収に追われるなどして配布が遅れている。厚生労働省によると、12日正午現在で配布が始まっているのは東京都、大阪府、福岡県のみで、10道府県が今週から配布予定、残り34県は準備中だ。巨額を投じた「国策マスク」がなかなか届かない一方で、福井県は独自に4月19日、県内全世帯に100枚分の「マスク購入券」の配布を表明。約60万箱をスピード調達し、県民の購入も進んでいる。素早い取り組みはどうして可能だったのか。【上東麻子/統合デジタル取材センター、岩間理紀/福井支局】

この記事は有料記事です。

残り2157文字(全文2432文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集