米軍が汚染土壌提出 国など普天間飛行場立ち入り 泡消火剤流出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場=2019年6月12日、本社機「希望」から
沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場=2019年6月12日、本社機「希望」から

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)から泡消火剤が流出した事故で、政府、県、市の関係者が11日、立ち入り調査し、米軍から汚染土壌の提供を受けた。日米地位協定の「環境補足協定」に基づく計5回の立ち入りで県などが求めた水と土壌の採取を終え、日米双方は今後、土壌などに含まれる化学物質を分析する。

 河野太郎防衛相は12日の記者会見で「意義は非常に大きい。在日米軍の安…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

ニュース特集