メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗原検査キット、国内初の実用化 厚労省13日に薬事承認 新型コロナ

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染の有無を短時間で調べられる抗原検査キット「エスプライン SARS-CoV-2」を13日に薬事承認すると発表した。臨床検査薬を製造・販売する「富士レビオ」(東京都)が開発したもので、国内で抗原検査キットが実用化されるのは初めて。13日の中央社会保険医療協議会で公的医療保険の適用を決める。同省は検査料を1回6000円とする方針だが、PCR検査と同様、患者自己負担分は当面公費で賄う方向で調整している。

 抗原検査は、インフルエンザなどの診断で使われる手法で、医師が鼻の奥(鼻咽頭(いんとう))から綿棒で検体を採取し、キットに反応させて感染の有無を調べる。陽性の場合は15~30分程度でキットに印が浮かび上がる。検体採取時に医療用防護具の着用など感染防止対策が必要なため、同省は、当面は「帰国者・接触者外来」などPCR検査を既に実施している医療機関を対象に供給を進める方針だ。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです