メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

自転車のペダルを後ろにこいでも、後ろに進まないのはなぜ?

[PR]

 Q 自転車じてんしゃのペダルをうしろにこいでも、うしろにすすまないのはなぜ?(大阪府茨木市おおさかふいばらきし しょう4 亀田かめだ志輝しきさん)

フリーホイールがちからつたかた調整ちょうせい

 A 大阪府堺市おおさかふさかいしにある自転車博物館じてんしゃはくぶつかん学芸員がくげいいん長谷部はせべ雅幸まさゆきさんにきました。

 自転車じてんしゃはペダルをこぐと、それにあわせてチェーンがうごき、チェーンとつながったうしろの車輪しゃりんまわることではしります。

 ペダルをうしろにこいでも車輪しゃりんうしろにまわらないのは、うしろの車輪しゃりんいている、歯車はぐるまいたフリーホイールという部品ぶひんのためです。フリーホイールは、ペダルをまえにこいだときはそのうごきをうしろの車輪しゃりんつたえますが、うしろにこいだときは、空回からまわりして、うしろの車輪しゃりんちからつたわることはありません。

 一方向いちほうこうからのちからしかつたえない構造こうぞうは、フリーホイールのラチェットという部品ぶひんがポイントです。ペダルをまえにこぐと、ラチェットにツメがひっかかり、うしろの車輪しゃりん回転かいてんさせます(うえ)。しかし、うしろにこいだときには、ラチェットとツメがはなれてラチェットのうえをツメがすべるので、ペダルの回転かいてんうしろの車輪しゃりんつたわりません(した)。自転車じてんしゃはしっているときにうしろの車輪しゃりんまわっていても、ペダルがまわらないのも、ツメがラチェットのうえすべっているからです。

 自転車じてんしゃがこのような構造こうぞうになっているのは、快適性かいてきせい安全性あんぜんせいのためです。

 もしフリーホイールがなければ、くだざかはしっているときにも、ペダルが回転かいてんつづけるため、あしめることができません。また、カーブをがるときには、自転車じてんしゃがる方向ほうこうかたむけますが、うしろの車輪しゃりん回転かいてんにあわせてペダルがうごくと、自転車じてんしゃかたむいているので、ペダルが地面じめんにあたってしまいます。

 ペダルきの自転車じてんしゃは1861ねんにフランスのミショーさんというひとが「らくとおくにけるもの」として発明はつめいしました。しかしフリーホイールがなかったので、ペダルをつねにこいでいなければならず、とてもつかれやすいものでした。96ねんごろにはフリーホイールきの自転車じてんしゃがイギリスで発売はつばいされました。いきおいがついているときや、くだざかかぜときあしやすめたままでも自転車じてんしゃすすむので、とてもらくれるものになりました。

 自転車じてんしゃにはうしろにこぐとうしろにすすむものもあります。自転車じてんしゃっておこなうサイクルサッカーという競技きょうぎ使つかわれます。フリーホイールがついていないので、うしろにがって素早すばやくボールをいかけることができます。【田嶋たじま夏希なつき

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです