メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 久坂部羊『怖い患者』

◆『怖い患者』久坂部羊・著(集英社/税別1600円)

「日常の横に潜む医療の危うさを感じて、ぞっとしてもらいたいと思いました」

 そんな五つのブラックな短編が並ぶ。名医は人格的にも優れた凄腕(すごうで)医師というイメージがあるが、実際はそう呼ばれていても患者のことなど二の次の医師も。久坂部作品には、〝迷医〟のリアルを描いた短編集『嗤(わら)う名医』(集英社文庫)があるが、それと対になる意味で、本書では患者にスポットを当てた。

「患者さんは医師に命を預ける弱い立場に見えるけれど、実は医師から見たらモンスターペイシェントといったレベルでは済まない、恐怖心すら感じるほどの患者さんもいるんですよね」

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです