メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナジックニュース

神奈川大国際寮のSDGs関連イベントを支援 プログラムを提供

Zoomを使ったプログラムでファシリテーターを務めた「MAP U」社の杉本匡章社長=4月25日、神奈川大提供

[PR]

寮内のポットからプログラムに参加する学生=神奈川大提供

 神奈川大の国際学生寮「栗田谷アカデメイア」(横浜市神奈川区)で、入寮生を対象としたSDGs(持続可能な開発目標)を用いた教育プログラムが始まった。同大はダイバーシティー(多様性)を推進する意義を社会に発信する宣言を2018年に行っている。多様なバックグラウンドを持つ者同士が起居を共にしている。そこで、多彩な交流や体験を通して、文化的・歴史的背景を持つ学生たちが、それぞれの違いを乗り越え、多様性を尊重し、新たな価値を生み出すコミュニティーを創造することを目指している。

 これは「SDGs PBLプログラム」と名付けられたもので、同寮の管理・運営をしている学生情報センター(ナジック)が寮内の教育プログラムとして提供している。半期ごとの基礎プログラムと実践プログラムからなり、基礎プログラムでは英語力向上と多様性理解(自己・他者・地域)、実践プログラムではSDGsを推進できる人材の育成を目指す。

 4月20日のオリエンテーションには42人の寮生が参加。25日には、寮生がSDGsを身近に感じることができるカードゲームをテレビ会議システム「Zoom(ズーム)」で行った。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために同システムを使用。参加者たちはSDGsが掲げる17のゴールから、関心のあるテーマを選び、同じテーマを選んだ多国籍の寮生5、6人でグループを組んだ。今後、Zoomを使いながら約5カ月間、英語でのグループワークやフィールドワークを行っていく。

 参加した外国人留学生からは「SDGsについて理解できた。いろいろな人とも話ができて楽しかった」という感想が寄せられた。日本人学生からは「SDGsの活動を通し、さまざまな学びが得られることが分かり、今後が楽しみ」と期待する声があった。

 「栗田谷アカデメイア」は日本人学生と海外からの留学生が混住する計210室の国際寮で、4月から本格オープンした。神奈川大神奈川キャンパスから徒歩8分とアクセスもいい。2~4階が入居学生の生活スペースで、1階は共用部となっている。階段踊り場には「ポット」と呼ばれるシェアスペースが計19あり、ミニ図書館、キッチン、映画やDVDなどが楽しめるシアター、絵画やポスターなどを展示できるスペースなどさまざまなタイプのオープンスペースがある。入居者たちは、施設内の多彩なコミュニティースペースを利用しながら、交流を深めていく工夫をしている。【中根正義】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです