メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

失われた“テレビの宝”

 NHK連続テレビ小説「エール」で、3月に急逝した志村けんが物語に登場している。主人公、古山裕一の人生に影響を及ぼす大物作曲家、小山田耕三役。志村は「コントではあまり台本は読まないけど、ドラマはみんなに迷惑かけちゃうから」と家で入念に台本を読み、収録に臨んだという。

 志村が俳優として出演するのは珍しい。近年では映画「鉄道員(ぽっぽや)」(1999年)くらい。北海道の炭鉱で働…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ 

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

  4. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです