特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

オリパラを考える

TOKYO2020/2 精力善用と自他共栄、今こそ /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1912年ストックホルムオリンピック大会のポスター=中京大スポーツミュージアム蔵
1912年ストックホルムオリンピック大会のポスター=中京大スポーツミュージアム蔵

 世界の都市が、互いの境界を閉ざしてから3カ月が過ぎようとしている。この未曽有の経験の後に封鎖が解かれ、人々のつながりが取り戻されようとするとき、世界の未来はどのように描かれるのだろうか。東京で開催されるオリンピック大会の行方はまだ見えないが、世界の未来への手がかりは、日本と五輪の関わりの起点にも示されている。

 1912年の夏、船と鉄道を乗り継ぐ3週間の旅を終え、日本選手団は、北欧のストックホルムに到着した。選手2人、役員2人の小さな選手団だった。

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1759文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集