連載

ひと人

山口県内で活躍する方々を紹介します。

連載一覧

ひと人

ホームレス問題、60歳で取り組み 存在を認める社会に 「ビッグイシュー日本」創刊者 佐野章二さん /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
佐野章二さん=堺市北区北花田の公園で、隈元悠太撮影
佐野章二さん=堺市北区北花田の公園で、隈元悠太撮影

佐野章二さん(78)=堺市

 ホームレスが路上販売の収入の約半分を手にできる支援雑誌「ビッグイシュー日本」の創刊者の一人。コロナ禍で売り上げが激減するも、4月上旬から3カ月の特別定期購読を呼びかけて申込数は7000部を超えた。「コロナの影響がいつまで続くか分からないが、誠実に対応していくだけ」と意気込む。

 ビッグイシューの創刊を思い立ったのは60歳になってからだ。「解決困難と言われるホームレス問題に取り組みたい」と思っていた時、イギリスで1991年から発行されている本家の雑誌を知った。「与える支援」ではなく、ホームレスを仕事のパートナーと位置づけて、経済的利潤も生むビジネスモデルに共感した。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1175文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集