メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

「黒川検事総長」と民意=古賀攻

 <sui-setsu>

 戦後ジャーナリズムの高みに屹立(きつりつ)する本田靖春の「不当逮捕」(1983年刊)は、新聞記者を巻き込んでの検察の暗闘を描いた壮大なノンフィクション作品だ。

 時は57年10月。売春防止法の制定をめぐって自民党衆院議員2人の収賄容疑を読売新聞が実名で報じたところ、議員側の告訴を受けた東京高検が名誉毀損(きそん)で社会部の敏腕記者逮捕に踏み切る。

 戦前の思想検事閥の流れをくみ、政界の要路とよしみを結ぶ岸本義広東京高検検事長が、主流の馬場義続(よしつぐ)派の追い落としを謀った、というのが筋立てだ。岸本は検事総長への野望を果たせないまま政界に転出するも、選挙違反で有罪判決を受けている。

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです